FC2ブログ

【やや月刊】あきの通信

柴犬「あきの」との生活  更新は、おそらく月刊かも・・・

2011年5月号

【飼い主さんとの再会を待っています!】

千葉県に住む友人が、
今回の震災で飼い主さんと離ればなれになってしまった
犬をお預かりしています。
あきのにはちょっとお留守番をしてもらってその子に会って来ましたよ。

福島県いわき市の小名浜から来ました
レイナニちゃん

いわき保健所より、犬猫の保護活動をされているちばわんさんを経て、
友人がお預かりしています。

3~5歳くらいのとっても人懐っこい女の子。
体重は18kgくらい。
保護された時は赤い首輪をしていたそうです。
津波にのまれたようで、泳ぎ、自力で小名浜の港に這い上がり、
自主的に小名浜の避難所に身を寄せていたそうです。

友人宅に来て間もないので、一応、ペットシーツが敷かれていますが・・・

おトイレはちゃんと外ですますわよ
日向ぼっこ

鏡が好きなのかな?不思議なのかな?
鏡~

ごろ~ん
ごろ~ん

お腹撫でてもらうと嬉しいの♪
えへへ~

お客様も歓迎よ
熱烈歓迎~

何、してるの~?
見せて~

美味しいおやつね!
おやつ美味しい♪

千葉のお水も美味しいかな?
ゴクゴク・・・

震災からめまぐるしく環境が変わり、まだまだ緊張感はあると思いますが、
明るい、本当に人が大好きなすごくかわいい子でした。
お散歩へ行くと、行き交う車や人を見ては、誰かを探しているようでした。
たぶん、飼い主さんを探しているのでしょう・・・。

友人は、飼い主さんが飼える状況ではなければ、
ずっと一緒に暮らす心構えでいるとのことですが、
会わせてはあげたい、と言っていました。
オスワリもお手もできて、キャッチもできます。
ピンポンらしい音がすると嬉しそうに尾を振って玄関へ行きます。
今日、数時間一緒にいただけでも、可愛がられていたんだな・・・
と強く感じました。

飼い主さんに会えるといいね!ボクも応援しているよ!
こんにちワン!
スポンサーサイト